2021/11/25

本日のメニュー


コースメニューを日替わりでご用意しております。

営業形態につきましては、一つ前の投稿をお目通しくださいませ。
コース料理のみ、18時〜19時はアペリティーヴォタイム、
お食事のスタートは一斉に19時でございます。
その日によりお客様みなさまのすすみぐあいにもよりますが、21時30分頃にデザートまでお出しします。22時30分閉店です。
12月は24日まで営業いたします。
最終日と、土曜日は満席となっておりますが、平日はあとすこし、お席がございます。
ご予約はお電話で、営業中は出られないこともございますので、
昼〜18時または、22時以降にいただけましたらたすかります。
本年は残すところ、あとひと月、どうぞよろしくおねがいいたします。
ともすけとひらせ





 

2021/11/09

年末までのご予約を承ります


営業再開しまして2週間を終えました。心より御礼申し上げます。


どの夜もとくべつでどのお客様も温かく、ふと気がつけば休業前よりも、マスク越しにたくさんの言葉を交わせるようになっていることがなによりありがたいです。


年内のご予約を承ります。

12月24日金曜日を最終営業日とさせていただきます。


秋の味覚満載のコースがたいへん御好評いただいており、とても嬉しいです。


休業のあいだも再開してからも、自分の店の役割を考えつづけ、ひとつの形を見出せたような気がしています。


つながりのある生産者さんたちが精魂こめてつくってくださる美味しい野菜や食材を、なるべくたくさん、メニューにのせてみなさまへご提供したい。そのためのメニューづくりに日々取り組んでいく所存です。


そのほかの営業形態につきまして、下記をご一読のうえ、ご予約をよろしくお願い申し上げます。


◎お料理のご提供は一斉に19時スタートです。

18時〜1845分の間にご入店ください。【アペリティーヴォ・タイム】です。

◎感染対策にご協力いただきます。(体温チェック、ご入店時の手洗い、会話時のマスク着用等)

◎前日までの要予約とさせていただきます。

◎4名様までのご予約とさせていただきます。


どうぞよろしくお願いいたします。


ともすけとひらせ



2021/10/21

あたらしい営業のおしらせ


25日月曜日からの営業時間の制約が解かれることとなりました。

これにともない、これからの営業のありかたをあたらしくしたいとおもいます。

イタリアの伝統的習慣として、
ディナーの前に食前酒(アペリティーボ)を片手に寛ぐひととき、【アペリティーボ・タイム】というものがあります。

みなさまが一日のご予定を終えて急ぎ足でご入店くださることを思いますと、お食事の前に一息つかせてさしあげたい。そして、

お連れさまやここでお約束の方との久しぶりの再会でしょうことを思いますと、積もる話やご挨拶を気兼ねなくしていただきたい。

そこで、
まるでイタリアのような、
【アペリティーボ・タイム】を設けることにいたしました。

店の開店は、6時でございますが、コースのお料理のご提供のはじまりは、みなさまがお揃いになる7時に、一斉スタートといたします。(◎お料理は、とうぶんのあいだは、コースのみとさせていただきます。)

6時から、6時45分までのあいだに【ご自由にご入店】いただき、

手を洗い、ほっと一息。
お好きなお飲み物片手に、団欒のひとときをお過ごしください。

◎7時を過ぎるご来店は、おことわりいたします。

◎明日22日金曜日正午より、
【10月25日〜11月30日】までのご予約を、【お電話03-3666-1717】にて、承ります。

◎コースの概要は、ひとつ前の投稿に準じますので、ご参考になさってください。(食材は、移ろいますことをご了承ください。)

◎4名様までのご予約を承ります。
◎前日までのご予約をいただけますようお願いいたします。

それでは、みなさまのご予約ご来店を心よりお待ち申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ともすけとひらせ

再開初日 2021年10月20日

ここ数日、ずっと緊張しておりました。食材の声に心をすますことに集中して頭を整理しながら手を動かしつづけ、ようやく今週のコースメニューとしてまとまり、再開初日にたどりつくことができました。

無事にやりきれるだろうか   そんな不安は、営業のはじまりと同時にふきとびました。

さいごにお客さまたちとの嬉しい会話では、明るい涙が滲んでしまいました。

再開初日、ありがとうございました。


本日のコースメニュー〜秋を慈しむ食材をふんだんにもりこんだコースをご用意いたしました〜

◎自家製自然酵母長時間熟成パン

◎【前菜盛り合わせ】(すべて無農薬野菜または古来種野菜)

・水タコの柔らか湯引き、茄子とハーブのヴェルタータソース、イタリアの松の実入り

・黄葡萄と青柚子と林檎のモスタルダ(甘辛いピクルス、青唐辛子入り)

・焼きなつめ(飛騨高山産の棗)

・熟成小玉葱のバルサメーラ煮

・冬瓜とオレガノとフェンネルのロースト

・縞ささげと三尺いんげんのsott'olio

・銀杏パルミジャーノ焼きと燻製リコッタ

・ゴボウとポルチーニのマルサラ酒煮

・自家製古代小麦パンとドライトマトといりことケイパー、ハーブとのパンツァネッラ

◎今週のズッパ (スープ):
蕎麦粉ととうもろこし粉を練り上げて焼いたポレンタを浸した、大白きくらげとヘチマと茹で生落花生とのズッパ

◎ミニラザーニャ(野生セロリ、香菜、じゃがいも、いりこ、モッツァレラ入り)オレンジパプリカのソース

◎パスタまたはリゾット、3種一択:

・春菊プレといりこ、羊乳、パルミジャーノとのリゾット/

・まこもたけ(生、乾)トリュフマッシュルーム風味ソースの古代小麦パスタ/

・カラスミと青柚子ソースのショートパスタ/

◎肉料理と魚料理、3種一択:

・仔羊肉の赤ワインマリネロースト(赤紫蘇ビーツ新生姜ソースと青レモンのカリカリ添え)/

・黄金穴子やわらかハーブ蒸しと魚介プレとセレベス(赤芽里芋)ロースト/

・ハーブの香りたつ鰤(ブリ)のオリーブオイルコンフィ、熟れ柿のワインヴィネガーソース/

◎山羊チーズ、蜂蜜
◎和栗のリキュール煮入りのティラ・ミ・スー

以上のコースを
6,000円(税込6,600円)でご提供しています。
肉・魚料理抜きのコースは、
5,000円(税込5,500円)です。
………………………………………………………
来週以降のご予約につきましては、近日お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

ともすけとひらせ

2021/10/11

営業再開いたします

遅まきながら…

半年ぶりの再開の見通しがたちました。
店への気持ちをまた歩かせていいということが、ただただ、ほんとうに有り難く、すべてのことを忘れずに、一日ずつ歩まなくてはと思います。


模索しながらの再開ですが、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

現時点では、20日水曜日、21日木曜日、22日金曜日のご予約のみ、前日までの要予約、明日正午よりお電話にて承ります。(*追記* ご予約ありがとうございました)


リバウンド防止期間が24日までですので、25日以降のご予約につきましてはあらためて後日ご案内いたします。(日月定休日)

下記の営業内容をご一読のうえ、ご予約いただけたら嬉しいです。

((営業の内容をご案内します))

◎ご入店時に検温ならびに手洗い消毒をお願いします。
◎お料理は、さまざまな秋の味覚を盛り込みますコースのみです。
アラカルトはございません。
2つの価格設定がございます。

【長時間発酵自家製パン+多種多品の前菜+ちいさなズッパ(スープ)+自家製パスタ、リゾットなど選択+セコンド(肉、魚のメイン料理を選択で)+デザート】

以上で6,000円税別。
または、【メイン料理抜き】で5,000円税別でございます。


◎ご入店時間は、『18時のみ』とさせていただきます。ワインご提供は20時まで、閉店は21時です。


◎席数は『従来の半分の10席』でございます。そのぶん、間隔がじゅうぶんにあり、安心してお寛ぎいただけます。
お二人様席3組と、4名様までのテーブル大1組のみ、となります。


◎会話をなさるときはマスクの着用をお願いします。


それでは、お会いできますことを心底からたのしみに、感染対策を含めて万事整えてまいります。

何卒よろしくお願いいたします。

ともすけとひらせ

#ともすけ
半年ぶりの再開です。ご予約はお電話でなるべく12時〜18時の間におねがいします。