2022/09/24

秋分の日をわたり


秋となると、

食後酒をデザート的におたのしみいただくのはいかがでしょうか。



イタリアには数々の食後酒がありますが、

秋のはじまりにしっくりとくるとおもうのは、

アマレット ディ サロンノ

杏(あんず)の杏仁のエキスをつかった香りよいリキュールです。


ここに、こうして豆乳を注げば、

ただそれだけで、

まるで

『大人な杏仁豆腐』なワンショットができあがりました。


ただ美味しいだけではなく、

杏(あんず)は、身体を温めて肺と大腸を潤してくれる食薬。

きゅうに涼しくなって風邪をひきやすくなるこの時季、粘膜を保護してくれる食薬でもあります。


そして豆乳も、

肺や喉にとてもよい食薬なので、

このワンショットはデザートタイムにおすすめです。

リストにはない隠れメニューとして明日からしばらくのあいだ、

ご用意いたしますので、アレください!と、ソムリエにお声がけくださいませ。


今週は、このアマレットディサロンノを、料理にもいろいろと用いてみました。


切り干し大根のアマレット風味。酒気を飛ばしたアマレットに水を足して歯応えがのこるように硬めにもどした切り干し大根をヴィネガーでマリネにし、

ゆっくりとローストした秋の果物を添えたり、


ずいき(芋茎)をもどして数分茹でて、マリネにバルサメーラ(林檎のバルサミコ)を加えればとても美味しく仕上がったり。


切り干し大根もずいきも、

胃にとてもよい食薬です。


メインのひとつには、

仔羊のカルビのローストに

バターナッツ南瓜とアマレットとでソースにいたしました。


来週も秋のはじまりのメニュー、いろいろご用意いたします。






前日までのご予約制です。

6皿のコース料理、6,000円税込6,600円です。

19時お食事スタートですので、1845分までにご入店をお願いしています。

営業中のお電話をなかなかとれなくて申し訳ありません。

12時〜18時の間におかけいただけましたらうれしいです。


#食材は食薬なり

#アマレットディサロンノ

#バルサメーラ

@oleaclicca 

#ともすけ

#国際中医薬膳師のイタリアン?

2022/09/04

夏に感謝を込めて

この夏の記憶にとどめておきたいことが、たくさんあります。

どれだけ長いこと離れていても変わらぬお気持ちでいらしてくださるお客さまとのたくさんの再会。
あたらしいお客さまたちとの出会い。
そしてたくさんの食材との出会い。

とうもろこしだけでも
はたして何種類のとうもろこしを
お客さまたちとともにたのしめたでしょうか。
古来種のもちきびとうもろこしは、中国原産の硬粒種でほんとうに餅のような滋味。
一方、海外の古来種とかけあわせたとみられる赤いとうもろこしは、ヴィネガーが合うタイプでした。
加熱すると皮に色移りするのが美しく、ドライフラワーのようにしてドアチェッカーにぶらさげるのがこれまた嬉しい副産物となりました。

秋はどんな出会いがあるでしょう。
平穩な気持ちで、準備万端で
待ち受けたいと思います。

++++++++++++++++++++

6皿の日替わりコース料理(プリモとメイン料理はそれぞれ選択できるプリフィクスです)で、6、000円(税込6,600円)です。

19時お食事スタートですので、18時45分までのご入店をお願いします。終了はおおよそ21時30分です。

◎お電話にて、前日までにご予約をお願いいたします。(営業中は電話をとることができないことも多々ございます。午後1時〜6時のあいだにいただけますとありがたいです。メールでは受け付けておりません。何卒よろしくおねがいいいたします。)
















2022/07/04

2022年7月4日に。






ソムリエ平瀬がイタリアで資格を得たのはもう10年ほど前のこと。

このたび、わたしもあのときの彼と同じくらい寸暇を惜しんで勉強しました(国際中医薬膳師)の合格証書が週末に届きまして、今日、文房堂さんで額装をしてもらいました。

折りしも明日は🙄歳の誕生日なので、神様からわくわくする『種』を贈り物としていただけたのだと天に感謝しています。

ソムリエ平瀬がイタリアワインの探求に心を捧げて没頭邁進しているように、
わたしもこれからの日々を注いでたくさんの枝葉がつくようにこの種を育てます。

この学びを志しましたのは、
自分も、まわりのひともお客さまたちも、ここ十五年、歳を重ねて身体が相応に変化してきたということを受け止めて、
『未病先防』のための知恵を授かりたいという思いが募ったからでした。(我が愛猫のためにも。)

そして、コロナ禍の営業がままならなかった日々に、前向きなことを残したいと足掻いたからでした。

門戸の中には想像以上の学びがありました。
この資格を得たからには、恥じないよう学びを続けなくては!!と肝に銘じてここに掲げます。

そして中医学の知恵を、
敬愛する農家さんたちや生産者さんたちが日本の二十四節気の流れの中で生み出してくださる食材と、
料理の真髄に触れさせてくれたイタリアへの尽きぬ憧憬心とに絡めて、

その重なりが心地よい余韻としてお召し上がりくださったお客さまの翌日、翌々日の身体にのこりますように……(夢想)

これからもどうぞよろしくおねがいいたします。


ともすけとひらせ

2022/05/05

こころあらたな五月に。

 

どこにもとくべつなところへでかけなくても、うららかな陽気を肌で感じるだけでしあわせなことだなあとしみじみと感謝する五月。

今年は営業の傍ら、一年学んできました国際中医薬膳師の資格試験勉強に深夜まで没頭しておりましたので自分の身体を省みる余裕さえもありませんでしたが、10日ほど前に無事に試験を終え、結果が中国から届くのは七月近くになるとのことですが、一段落しまして、ここから先はゆっくりとさらなる学びを重ねてゆけばよいのだという喜びがじわじわとわいてきてその喜びを胸に日夜厨房で食材と向き合っております。

連休中もさまざまな食材に恵まれました。わたしがお客さまに供するお皿の上に描きたいのはけして高価なことではなく、身体にすっとはいるささやかで細やかな季節のうつろい。

散りばめた食材を通してお客さまがどこか旅気分になっていただけたなら、嬉しいです。

おかげさまで週末まではご予約満席となりました。ありがとうございます。連休明けはたくさんお席がございます。

18時45分までにご入店、19時スタートのコース料理、ゆったりとしたお席の間隔でお愉しみいただけます。お電話にて要予約でございます。どうぞよろしくおねがいいたします。

前菜の盛り合わせは日替わりです。今週は葉茎ごぼうと三種類の豆との滋味ズッパをお出ししております。山菜も多種お出ししました。かたくりの花の優しい甘さには心の膝がゆるみます........











2022/03/26

15周年のご挨拶



暖かくなりきらない、ゆっくり、ゆっくりと殻をやぶるように春へとすすむこの時季がじぶんにとても合っているようにおもいます。

みなさまのおかげさまで、15周年を迎えることができました。
これまでお世話になりましたさまざまなお立場のたくさんのみなさまに、
どんな言葉をもって御礼を申し上げたらよいのかわからないほどに、
ただただ感謝がつのるばかりでおります。

敬愛する生産者さんたちをはじめ(わたしはなにも生み出せないので頭が下がりっぱなしです…)

繋いでくださる方々にはたいへんお世話になりました。
いつ何時もありがとうございます。

そして、ここに立たなければ出逢えなかったたくさんのご縁とお客さまたち。

たいせつなご家族やご友人との集いの日にお誘いあわせていらしてくださるお客さまたちにも、

心身がお疲れのときに、ともすけへ食べに行こうと思い出してくださるお客さまにも、

いまは通販でお気持ちを寄せてくださる方々にも、

たいへん光栄な気持ちをいただきおおきな励みになりました。

長年にわたりいらしてくださるお客さまにこたえようとおもうことで、どれだけ育てていただいたかを、15年前のメニューをみると痛いほどに感じます。

まったく自信のなかったわたしにとってみなさまへの感謝のきもちが明日への元気となって、一日ずつ積もった15年でした。

そしてまだ15年ぽっち、まだまだ
これからだわぁー

と思えることがなにより幸せです。
数年後を見据え、この一年は自分を深める勉強を始めております。
お客さまのためにつくりたい料理と店のありかたを、
ソムリエのひらせとともにじっくりとかんがえながらまた一日ずつ道をのばしたい。

はたしてこの先、どんな形でどこまで歩んでゆけるのかまったくわかりませんが、
近くから、遠くから、末永くおつきあいいただけましたら嬉しいです。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なにもとくべつなことはできませんが、
ゴールデンウィーク期間中(4月29、30、5月3、4、5、6、7日)
にご来店くださるお客さまに、
その日その日に心をこめて焼きます自家製ピッコリーナ(ミニミニ)パンと、美味しいオリーブオイルをミニミニボトルに詰めまして、[おみやげ]とさせていただきます。

前日までのご予約のうえ、
ご来店を心よりお待ち申し上げます。


2022.3.25

ともすけとひらせ