2020/04/23

ラザーニャの通販メニュー更新につきまして



*限定数での販売です。
おうちでともすけのアドレスはこちら


*今後はこのお知らせページではなく、
お知らせメールにて販売開始をお知らせいたします。

『おうちでともすけでご購入いただいたお客さま』で、ご購入の際に「おうちでともすけからのメールマガジンを受け取る」にチェックをつけていただいたお客さまと、
おうちでともすけのページで「新規会員登録」していただいたお客さま』にお届けするお知らせメールです。

お手数をおかけしてしまうのですが、今後、販売開始のお知らせメールをご希望の方は下記の方法で「新規会員登録」をお願いいたします。

<新規会員登録の方法>
・PCの場合
上記アドレス「おうちでともすけ」ページを開いて、右上にある「LOGIN」にカーソルを合わせます。すると「新規会員登録」という項目が表示されますので、クリックしてください。あとは、案内に従って必要項目をご記入ください。

・スマートフォンの場合
上記アドレス「おうちでともすけ」ページを開いて、左上にある「三本線が描かれた黒い四角マーク」をタッチ。すると「新規会員登録」という項目が表示されますので、タッチしてください。あとは、案内に従って必要項目をご記入ください。

2020/04/15

『おうちでともすけ』はじめました!






小さな通販 『 おうちでともすけ 』 をはじめます。

これまでともすけでみなさまにお召し上がりいただいた季節野菜を週替わりで組み合わせる
「無農薬野菜・古来種野菜のラザーニャ」と
「能登ししラグーのラザーニャ」を冷蔵便にてお届けします。
(毎週2回〜3回の発送)

2007
年春に小伝馬町にてともすけの食堂をはじめる前、2003年から2007年までの間、
東中野の木造長屋で「ともすけ弁当」の屋号でお弁当業を営むかたわら、
「月に一度のパイ」と名付けて月替わりの野菜のパイを通販でお送りしておりました。
お弁当業では満たされないイタリアへの慕情をぎゅうっとパイの中に詰めて。

いままたあの頃の気持ちに戻ってつくったらどうだろう、
ご自宅でやむなく過ごされているお客さんが喜んでくださるだろうか、
そう思って、
当時、パイの型に使っていた自然素材の焼型を調べてみましたらまだ同じものが売られていて、
取り寄せて手にすると懐かしさと愛おしさがこみあげてきました。
そうだ、この型で、こんどはさまざまな野菜を展開させたラザーニャをつくろう、
と思いつきました。

イタリアで働いていた間に出会った美味しい喜びの発見のひとつに、
野菜のラザーニャがありました。
ミートソースではない、すうっと身体に入っていく野菜の滋味があふれるラザーニャ。
月桂樹とナツメグの香りがとろけるベシャメラソース。
パスタ生地を打って、伸ばして、茹でて、水気をとり、冷めたら
さまざまなピュレやソースとチーズを何層にも重ね合わせます。
あのとき、イタリアの厨房でこんなふうにつくっていた、
大切な味を教えてくれたイタリア人たちへの感謝と、
今のイタリアへの想いと、
どんなときも心血をそそいで美味しい野菜を育ててくださる農家さんへの感謝と
みなさまの健康への願いと、
つくれるよろこびを
すべて重ね合わせて。

あらかじめ申し上げておきますと、大きなサイズなので、なかなか焼き上がりません。
ご家庭のオーブン、トースターの機種によりますが、1時間近くかかってしまうかもしれません。
きっと美味しく焼きあがりますから、香りがただよってきたら、様子をみながら温度を上げ下げして
どうかじっくりと、中が熱々になるまで、ラザーニャにおつきあいください。
このラザーニャで楽しいひとときを過ごしていただけたらうれしいです。

*限定数での販売です。

おうちでともすけのアドレスはこちら
https://ouchidetomosuke.com

2020/04/08

営業自粛の延長


さきにお伝えいたしました営業自粛を、5月中旬まで延長いたします。
その後はまた後日の判断とさせていただきます。

6月中旬まで、延長いたします。(4月30日加筆)

みなさまとともに健やかにこの日々をのりこえられますように。

ともすけとひらせ

2020/03/30

営業自粛のおしらせ


日に日に世界の深刻さが増し、東京においても
他人事ではすまされないことになってきました。

お客さんがいらしてくださるからといって、営業していいものなのか、、、
葛藤しながらも3月末日までは営業しましたが、
いいことをしているのか、わるいことをしているのか、わからない、
という気持ちで店の場を提供することが、とてもつらくなってしまいました。

キャンセルのお電話をくださるお客さまも、みなさんとても申し訳なさそうに、
応援して行きたい気持ちがやまやまなんですがすみません、、、、
とおっしゃってくださり、
そのたびに、
ああ、わたしたちはほんとうにいいお客さんに恵まれている、
そのお客さんにそんなことを言わせているのはこちらの責任、
たいせつなお客さんの健康を預かる立場なのだということをますます痛感して、
もう閉めようと思いました。

「行かないように」という自粛を促す言葉の前に、
補填するから営業をしないでくださいというお願いがほしいと、
あらゆる店を営む方が思っているのと同じ気持ちでなにかを待っていましたが、
このなまごろしのような空気に浸けられているより、
すべてを受け入れて、前向きにこの先のこと、できることを考えようと思います。

4月1日からとりあえず2週間、営業をお休みします。
ご予約をいただいているお客様方々には、こちらからあらためてご連絡いたします。

その後は、状況をみて、またお知らせいたします。

皆さまと健やかに明るくこの逆境をのりきることができますように。
そして、また、お会いすることができますように。

ともすけとひらせ




2020/03/13

ワインのはなし4号 できました(3月27日おしらせ追記あります)


不穏な日々がつづいて、
イタリアではたいへんな事態にまでなっています。
人々が活気と明るさを失い、息をひそめるように耐えていることが
ただただ悲しいです。
はやく日常を取り戻せますように、祈っています。

しばらくのあいだ、予防のため、客席数を減らし、間隔調整をして
営業させていただきます。
(28日の『テーブルと音楽』は、中止となりました。ご予約のお客様にはご連絡済みでございます)
追記 3月27日


ワインのはなし4号 『赤ワインについて』
赤ワインさながらに、仕上がるまでやや時間がかかりましたが
ようやく、できあがりました。
フリーペーパーです。
ご来店の際にぜひお手に取ってご覧ください。
気分転換にしていただけたらうれしいです。
ご感想、ご質問、なんでもいただけましたら、次号への励みになります。
次号は、「食後酒について(5号)」です。
どうぞよろしくお願いいたします。

ともすけとヒラセ

2020/02/24

春の二皿

東京では2週間も早く、春一番が訪れました。

摘みたてのふきのとうも、例年より数週間早く高知から届き、
ふきのとうみそを4キロ、仕込みました。
これをつかったメニューを毎年心待ちにしてくださるお客様たちのお顔を
思い浮かべながら。





もうひとつのおすすめは、

トルテリーニ イン ブロード
tortellini  in  brodo

イタリアのエミリアロマーニャ地方伝統料理のパスタで、
いちばん小さなラビオリです。
成型時は、直径 1、5センチくらい。
指輪の形とか、おへその形とか、いわれています。
わたしは、おへそ派です。

彼の地では、数種の肉と36ヶ月の旨味たっぷりのパルミジャーノチーズを合わせた詰め物を包んだトルテリーニを、牛でとったスープに浮かべていただくものですが、
この春は、香り高い常盤ごぼうと「のとしし」(能登半島直送のイノシシ肉)とパルミジャーノチーズを合わせた詰め物を包んでいます。
スープも、「のとしし」でとった、ブロードスープです。
メニューにございましたら、ぜひご賞味ください。





2020/01/02

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


あたらしい一年を
またこうして始められることに、
感謝の気持ちでいっぱいです。
心より、みなさまに御礼申し上げます。

どんな一年にしていけるだろうか。
季節を感じながらどんな料理を展開していけるだろうか。

たくさんの生産者の方々の尽力があるからこそ
今日の日のお客様に喜んでいただけるということ、
そのことに、一日一日感謝しながら

たくさんの出会いを夢見て
7日火曜日より営業いたします。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

























ともすけとひらせ